「ねいろ」と「おんしょく」、音色の読み方

2016/08/26

light-bulb-1002783

「音色・・ねいろ、おんしょく、皆どっちの読み方も使ってるけど、使い方間違ってたら恥ずかしい・・・」

 

そんな、どうでもいいんだけど何となく気になる問題を今回は取り上げてみます。

 

調べてみた

a0001_001906_m

分からない → ググる。

 

「ねいろ」と入力してみる

スクリーンショット 2016-07-05 14.59.33

ふむふむ。

 

「おんしょく」と入力してみる

スクリーンショット 2016-07-05 15.00.05

どちらでも変換はされますね。

 

ネット辞書で調べてみる

ね‐いろ【音色】

  1. 発音体の違い、あるいは同じ発音体でも音の出し方によって生じる、音の感覚的な特性。高さや強さが同じ音でも、それに含まれる部分音の種類や強さなどによって違いが生じる。おんしょく。

おん‐しょく【音色】

  1. その音のもつ感じ。ねいろ。
 

どちらでも、学術的にはほぼ同じ意味のようです。

ネットの意見

まとめ

個人的には、技術的な音のキャラクターに言及する場合かそうでないか、の違いなのかなと思いました。

 

技術的な要素のない例 : [ハープの音色(ねいろ)]

技術的な要素のある例 : [ハープの弦を弾く際の音色(おんしょく)]

 

のような感じ。

 

ただ、本来は同じ意味で使うようなので、気にしないで言えばいいと思いました。

 

 

-雑学