「ねいろ」と「おんしょく」、音色の読み方

占う作曲家、プロスピです。

 

「音色・・ねいろ、おんしょく、皆どっちの読み方も使ってるけど、使い方間違ってたら恥ずかしい・・・」

そんな、どうでもいいんだけど何となく気になる問題を解決します。

 

調べてみる

a0001_001906_m

分からないなら? → グーグル先生に聞きましょう。

 

「ねいろ」と入力

スクリーンショット 2016-07-05 14.59.33

ほうほう。

 

「おんしょく」と入力

スクリーンショット 2016-07-05 15.00.05

どちらでも変換はされますね。

 

ネット辞書で調べてみる

ね‐いろ【音色】

  1. 発音体の違い、あるいは同じ発音体でも音の出し方によって生じる、音の感覚的な特性。高さや強さが同じ音でも、それに含まれる部分音の種類や強さなどによって違いが生じる。おんしょく。

おん‐しょく【音色】

  1. その音のもつ感じ。ねいろ。
 

どちらでも、学術的にはほぼ同じ意味のようです。

 

ネットの意見

まとめ

個人的には、技術的な音のキャラクターに言及する場合かそうでないか、の違いなのかなと思いました。

・技術的な要素のない例 : ハープの音色(ねいろ)

・技術的な要素のある例 : ハープの弦を弾く際の音色(おんしょく)

 

辞書を参照しても厳密な違いが記載されてないので

自分のフィーリングを優先して使ってOKかとプロスピは考えます。

 

Twitter でスピリチュアルコンポーザーをフォローしよう!
The following two tabs change content below.
プロ・スピリチュアルコンポーザー

プロ・スピリチュアルコンポーザー

仕事は「作曲家 x 占い師」。作曲に占いからアプローチする第一人者。楽曲提供はワンピースVRのPV楽曲、ケリ姫のゲーム音楽などゲーム音楽を中心に。「音楽 x 占い」の可能性をインターネットでいかに高めることができるのか、ハイブリッドフリーランスの肩書きを掲げて活動している。
プロ・スピリチュアルコンポーザー

最新記事 by プロ・スピリチュアルコンポーザー (全て見る)


1回3000円の「オンライン占い」やってます。


・オンライン占いとは

Skypeを使ったオンラインでの占いサービスをやってます。
音楽のお悩みから、ビジネスのご相談まで。

「音楽 x 占い」でビジネスするプロスピが、英才教育を受けた音楽エリートとは異なる、再現性のある視点で鑑定とアドバイスをします。