それパクリじゃない?作編曲でパクっても怒られないポイントをまとめてみた。

どうも、プロスピリチュアルコンポーザーこと、プロスピです。

 

考曲のある制作依頼の場合、クライアントはその曲の「何か」を必要だと感じています。 

 

とはいえ、「パクらず、クライアントの好みを忖度しつつ、参考曲の雰囲気を適切に反映し、オリジナリティーも付加して制作する」っていうのは、ひじょ〜に高い音楽制作のバランス感覚が必要です。

 

なので、今回の記事では

丸パクって良いポイント 
・丸パクっちゃダメなポイント

このへんを明確にしておくと、制作が圧倒的に楽になると思ったのでまとめてみました。

 

丸パクリして大丈夫なポイント!

重要な点は、「抽象的な要素ほどパクっても安全」ということです。

具体的に見ていきます。

 

テンポをパクる

「テンポ = 音楽の速度 」は楽曲のイメージを左右する要素として、かなりのウエイトを占めています。

参考曲のテンポを測るときは、DAWに貼り付けてクリックを合わせるぐらい、正確に計測しましょう。

それぐらいテンポは楽曲の印象を変えてしまいます。

特に、映像とシンクロする音楽制作の場合は、後からテンポ変更すると小節数の調節が必要になってしまい

辻褄を合わせで大変な苦労をするハメになります。

 

楽器の構成をパクる

使っている楽器がわかるだけで、参考曲の雰囲気に寄せるのがグッと楽になります。

実際に音を打ち込む前に、使用する楽器を先にトラックに用意してしまうぐらいで良いです。

そうすると、アレンジの際に使う楽器の選択肢が限定されるので

どの楽器にどんなフレーズを当て込むか、思考コストを抑えることができます。

 

構成を参考にする

構成がしっかりしてると、中身がどうあれ音楽にはなります。

「イントロ – Aメロ – Bメロ – サビ – 2Aメロ – 2Bメロ – 2サビ – 間奏 – Cメロ – 大サビ – エンディング」

歌モノをこの構成で作れば、とりあえずやりたいことはわかるじゃないですか

「あぁ、歌モノ作りたいのね」って。

 

逆にですよ、この構成を知らない人が歌モノを作ろうと思ったら超大変です。

自分で、オリジナルの構成を考えないといけないので。

(逆にそれでストーリーを感じさせたら、めっちゃクリエイティブだけど)

 

昔のクラシック作曲家が多作だった理由は、決められた構成で曲を書いていたからだとも言われてますし

何がいいたいのかというと、入れ物があれば、後は詰め込むだけだってこと。

そして、楽曲制作しながら一緒に悩む必要がなくなる。

(何より、パクったことが絶対バレないのが最高。)

 

拍子をパクる

その拍子だと出しやすい雰囲気というのがあります。

踊るようなリズム感のある雰囲気は「3/4拍子」がやはり出しやすいですし

モンハンのテーマのようなアドベンチャー感が溢れる曲は「12/8拍子」だとやっぱり演出しやすいです。

とりあえず曲を作り始めたけど、参考曲っぽくならないときは、拍子をパクるとブレイクスルーするかもしれません。

 

丸パクリは避けた方が良いポイント!

逆に、「具体的な要素ほどパクらない方が良い」ということになります。

 

フレーズ

メロディーの丸パクリは何かしらの狙いがある場合の除いて、止めときましょう。

ただ、参考楽曲をリピートしすぎてメロディーが似てしまうのは良くあること。

なので、プロスピは参考楽曲のリピート回数は最小限に抑えるように心がけてます。

 

コード進行

「コード進行を頭から最後まで丸パクりしたら盗作なのか」

と言われると、盗作にはならないです。

 

ただ

「参考曲の雰囲気をうまく取り入れたね!」

ともならないです。

 

どちらかといえば、そのコード進行で表現されている「テイスト」をパクるべきで、コードはその1構成要素に過ぎません。

「キラキラしてるな〜。」とか「ちょっと哀愁のある感じだな〜」とか、抽象化されたイメージを自分なりに表現し直すという工程があると、コードが全部同じになるということはなくなると思います。

 

個性的なリズムパターン

例えば、この「Sing Sing Sing」というスタンダード曲。

冒頭からのドラムパターンは音楽してる人なら定番のもので、これはパクっても批判される類のものではないです。

 

ただ、実際に上記参考曲を提示されて制作した時、ドラムをこのパターンにしたら

「さすがに似過ぎなので・・・。」っとリテイクが来たことがあります。

 

一般的な8ビートのドラムパターンならこんなことは言われないはずなので

その曲を色付けるようなリズムパターンの丸パクりは、少々リスクがあるかもしれません。

 

まとめ

部分的にパクるなら、さじ加減は自分のポリシー次第です。

 

真似ぶという言葉があります、「真似る」と「学ぶ」の造語ですね。

参考曲を抽象度の高いレベルで理解し、自分の楽曲で具体化して再表現する。

これが出来ると自分を殺して曲を作ることも無くなるし、クライアントの求める1つ上のレベルで納品できるので両者win-winです。

 

頼まれて曲を作る時の参考にどうぞ。

 

Twitter でスピリチュアルコンポーザーをフォローしよう!
The following two tabs change content below.
プロ・スピリチュアルコンポーザー

プロ・スピリチュアルコンポーザー

仕事は「作曲家 x 占い師」。作曲に占いからアプローチする第一人者。楽曲提供はワンピースVRのPV楽曲、ケリ姫のゲーム音楽などゲーム音楽を中心に。「音楽 x 占い」の可能性をインターネットでいかに高めることができるのか、ハイブリッドフリーランスの肩書きを掲げて活動している。
プロ・スピリチュアルコンポーザー

最新記事 by プロ・スピリチュアルコンポーザー (全て見る)


1回3000円の「オンライン占い」やってます。


・オンライン占いとは

Skypeを使ったオンラインでの占いサービスをやってます。
音楽のお悩みから、ビジネスのご相談まで。

「音楽 x 占い」でビジネスするプロスピが、英才教育を受けた音楽エリートとは異なる、再現性のある視点で鑑定とアドバイスをします。