それパクリじゃない?参考曲で丸パクっても怒られないポイントをまとめてみた。(作編曲とか

 

 

参考曲のある制作依頼の場合、クライアントはその曲に気に入っている部分があるわけです。

 

なので制作する際はそこを反映する必要があります。
(スルーした方がうまくいくことがあるので難しいところですが)

 

ただ
パクってはいないんだけど、クライアントの好みを忖度しつつ、参考曲の雰囲気を適切に反映して制作する
っていうのは高い音楽のバランス感覚が必要です。

 

なので

丸パクって良いポイント
丸パクっちゃダメなポイント

これらを明確に把握しておくと、圧倒的に制作が楽になるのでまとめてみました。

 

あくまで「丸パクリ」という視点で記事を書いていきますのでその点ご了承ください!

 

 

丸パクリして大丈夫なポイント!

 

重要な点は

抽象的な要素ほどパクっても安全、というよりパクれ!

ということです。

具体的に見ていきます。

 

 

 

テンポを参考にする

 

 

楽曲のイメージを構成する要素として、テンポ = 音楽の速度 はとても影響します。

 

参考にする際は感覚ではなく

参考曲をDAWに貼り付けてクリックを合わせるぐらい正確に計測して欲しいぐらいです。

 

それぐらいテンポは楽曲の印象を変えてしまいます。

 

特に、映像とシンクロする音楽制作の場合は後からテンポ変更すると小節数の調節が必要になるので

後で辻褄を合わせるためにアレンジで大変苦労することになります・・・

 

 

 

楽器の種類を参考にする

 

 

使っている楽器が分からなければ、その曲の雰囲気を再現する難易度は大分高くなります。

 

出来れば楽曲制作に取り掛かる際に、使う楽器をトラックに用意してしまうぐらいがいいです。

 

そうするとアレンジの際に使う楽器の選択肢が限定されるので、どの楽器にどんなフレーズを当て込むか、思考コストを抑えることができます。

 

 

 

構成を参考にする

 

 

構成がしっかりしていると、中身が微妙でも何とかなるもんです。 

Aメロ – Bメロ – サビ – 2Aメロ – 2Bメロ – 2サビ – 間奏 – Cメロ – 大サビ

良くある歌モノの構成は上記な感じですが、これに当て込んで曲を作ればそれっぽくはなるもんです。

 

逆に、この構成を知らない人が歌モノを作ろうと思ったらすごく大変だと思います。

 

入れ物があれば、後は詰め込むだけなので作編曲しながら構成について一緒に悩まなくて済むメリットは大きいです。

 

 

 

拍子を参考にする

 

 

その拍子だと出しやすい雰囲気というのがあります。

 

踊るようなリズム感のある雰囲気は「3/4拍子がやはり出しやすいですし

モンハンのテーマのようなアドベンチャー感が溢れる曲は「12/8拍子だとやっぱり演出しやすいです。

 

何となくで曲を作り始めたものの、参考曲っぽくならないなーと思ったら拍子を真似てみるのは大いにアリです。

 

 

 

丸パクリは避けた方が良いポイント!

 

こちらは逆に

「具体的な要素ほどパクらない方が良い」

ということになります。

 

 

 

フレーズ

 

メロディーの丸パクリは何かしらの意図がある場合の除いて、止めときましょう。

 

ただ、参考楽曲をリピートしすぎてメロディーが似てしまうのは良くあることなので

参考楽曲はリピート回数は最小限に抑えた方がいいと思ってます。

 

 

コード進行

 

「コード進行を頭から最後まで丸パクりしたら盗作なのか」

と言われると、メロディーと違って盗作にはならないです。

 

ただ

参考曲のうまく取り入れたね!

ともならないですよね。

 

個人的には、そのコード進行で表現されている「テイスト」をパクるべきで、その抽象化されたイメージを自分なりに表現し直すのが良いかなと思ってます。

 

 

 

個性的なリズムパターン

 

例えば、この「Sing Sing Sing」というスタンダード曲。

冒頭からのドラムパターンは 誰でも知ってる有名なものなので、これはパクっても批判される類のものではないです。

  

  

ですが、実際に上記参考曲を提示されて制作した時、ドラムをこのパターンにしたら

似過ぎだから

とリテイクが来たことがあります。

 

一般的な8ビートのドラムパターンはパクったとはならないわけですから

その曲を色付けるようなリズムパターンの丸パクりはオススメしないです。

 

 

 

まとめ

 

今回はあくまで「丸パクり」という点で記事を書きました。

部分的にパクるなら、さじ加減は自分のポリシー次第です。

 

真似ぶという言葉があります、「真似る」と「学ぶ」の造語ですね。

参考曲を抽象度の高い段階で理解し、自分の楽曲で具体化して再表現する。

 

これが出来るとクライアントも満足だし、自分の個性も適切に表現されます。

両者win-winなのです。

 

 

Twitter でスピリチュアルコンポーザーをフォローしよう!
The following two tabs change content below.
プロ・スピリチュアルコンポーザー

プロ・スピリチュアルコンポーザー

音楽はレイトスターターにも関わらず、慶応から音大に滑り込む。ワンピース等の大型タイトルへの楽曲提供実績。オンラインでの占いはそのキャリアを生かした音楽特化型鑑定を強みに「音楽 x 占い」の可能性をインターネットでいかに高めることができるのか、ハイブリッドフリーランスの肩書きを掲げて活動している。占う作曲家。30歳。神奈川県在住。

オンラインDTMレッスン & タロット鑑定やってます。


・オンラインDTMレッスン
・オンラインタロット鑑定

作編曲の相談以外にも、「大人からの音楽でのお悩み」「作曲家の法人営業の方法」「DTMしたいけど分からなさ過ぎる」「音感に自信がなさ過ぎる」等々、お力になれます!

僕自身レイトスターターで、五線譜のドの位置を覚えるとこから始めました。なので、幼少期から訓練済みの音楽エリートとは異なる視点でアドバイスできます。