midiキーボードに88鍵もいらない!?DTM初心者にもおすすめのKorg microKEY

どうも、占う作曲家プロスピです。

僕自身、midiキーボードはいくつも乗り換えてきました。

 

その中でも特に

「演奏ではなく、DTM全般の打ち込みに特化したmidiキーボード」

としては、KORG社が販売しているミニキーボード「microKEY」がオススメ。

 

理由1 : 鍵盤が小さい 

演奏目的じゃないので、タイピングするように小さな動きで入力をしたい。

microKEYは鍵盤のサイズが小さいので、入力インタフェースとして丁度いい。

 

他には、外出先でラップトップを使って作曲するケースに役に立つ。

プロスピの持ってる37鍵は、リュックサックからギリはみ出るぐらいで持ち運びが可能。

(移動中にキーボードの角ぶつけないように注意が必要。)

 

理由2 : 余計な入力装置が付いてない 

鍵盤以外の入力部分は

・ピッチベンドホイール (音の高さを変えるヤツ、歌でいうとしゃくり上げる感じ)

・モジュレーションホイール (歌でいうビブラートの調整)

・ピッチのオクターブ上げ下げのボタン

これだけなんで、初心者の人でも説明書いらずで混乱しないのがいい。

 

理由3 : 機能が少なく、価格が安め

必要最低限の機能しかないので、コスパがいい感じです。

(2018年3月25日時点)
KORG microKEY-37 8.834円
IK Multimedia : iRig KEYS Universal 11.400円 

 

理由4 : 専用エディターで感度を調整可能

「強く叩いて打ち込んでも、入力したベロシティーの値が小さい・・・。」

「強弱つけて打ち込んだのに、ほとんど変わらずベタ打ち状態・・・。」

そんな場合は、「KORG KONTROL Editor」という専用エディターで入力感度を調整することができます。

(他のmidiキーボードのドライバーと競合するとmicroKeyが認識されないので、該当のドライバーは削除が必要) 

 

理由5 : 耐久性◎ 

持ち運びの最中に壁にぶつけることもあれば、作曲が捗らずに強めの入力でビシビシ鍵盤を叩くこともありましたが

購入してから5年は問題なく利用できてました。

その辺りで鍵盤の1つが反応しなくなったので買い替え、今は2代目ですね。 

 

気になる点1 : キーボード内部の掃除が困難

鍵盤の取り外しができません。

しかも、鍵盤と鍵盤の隙間がほとんどないので

小さいゴミとか中に入るとひっくり返して叩くとか内部の掃除が困難です。  

 

気になる点2 : 37鍵だとピアノの打ち込みは少々制限される

プロスピの使ってる37鍵だと、サイズ感はちょうど良いのですが、ピアノの打ち込みは少々面倒ですね。

(ただ、出来るだけ37鍵の中で成立するように工夫すると、無駄な動きのない省エネアレンジが身につく。)

 

まとめ

直して欲しい点としては、鍵盤が取り外せるといいなーというのはあります。

が、総合的にコスパも機能面も優れてるmidiキーボードです。

 

Twitter でスピリチュアルコンポーザーをフォローしよう!
The following two tabs change content below.
プロ・スピリチュアルコンポーザー

プロ・スピリチュアルコンポーザー

仕事は「作曲家 x 占い師」。作曲に占いからアプローチする第一人者。楽曲提供はワンピースVRのPV楽曲、ケリ姫のゲーム音楽などゲーム音楽を中心に。「音楽 x 占い」の可能性をインターネットでいかに高めることができるのか、ハイブリッドフリーランスの肩書きを掲げて活動している。
プロ・スピリチュアルコンポーザー

最新記事 by プロ・スピリチュアルコンポーザー (全て見る)


1回3000円の「オンライン占い」やってます。


・オンライン占いとは

Skypeを使ったオンラインでの占いサービスをやってます。
音楽のお悩みから、ビジネスのご相談まで。

「音楽 x 占い」でビジネスするプロスピが、英才教育を受けた音楽エリートとは異なる、再現性のある視点で鑑定とアドバイスをします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です